プロフィール

Leben innovation  代表

(レーベンイノベーション)

収納☆お兄さん こと 坂場  寛史

             (さかば ひろし)

1980年1月生まれ

東京都出身

 

NPO法人 ハウスキーピング協会認定

整理収納コンサルタント

整理収納アドバイザー2級認定講師

 

◆2011年2月 整理収納アドバイザーの資格に

          出会いその魅力に目覚める

◆2011年7月 整理収納アドバイザー1級資格

          取得

◆2012年4月 一念発起し、6年半勤務していた建築系商社

          を退職後独立

◆2012年8月 整理収納アドバイザー2級認定講師資格取得

◆2012年8月 Lebeninnovationを設立

◆2013年5月 整理収納コンサルタント資格取得

 

Leben innovation(レーベンイノベーション)とは

  ドイツ語で【人生】という意味の Leben と、英語で【革新】という意味の

   Innovation 」組み合わせた造語で、【人生の革新】という意味です。

  整理収納によって、皆さんの人生に革新を起こすサポートをするという意味

  から名付けました。

ドイツ語を用いた理由

  ドイツ人は、子供の頃から整理収納に関する教育を受けている為、世界的

  に比較をした場合、家事全般に於ける能力が優れているそうです。その為、

  比較的ストレスの少ない穏やかな生活を送っていると言われています。

  日本中の全ての人々が、ドイツ人の様な『豊かで穏やかな人生を送れる

  社たい』いう願いを込めて、ドイツ語【Leben】を用いました。

整理収納アドバイザーになった理由

 日頃から、職場の人や友人達に「細かいヤツだなぁ」とよく言われ、掃除や片付けは積極的に好んでやるタイプでした。

 

 そんなある日、整理収納アドバイザーという資格がある事をTVで知り、自分がやりたかった仕事はこれだ!!と直感的に確信。次の瞬間にはパソコンの前で2級資格取得講座』(クリックで講座概要へ)の受講申し込みをしていました。

 元々片付けには興味があったので、多少の自信を持って講座を受けてはみたものの、今まで自分がしていた『片付け』は単なる『整頓』という行為であって、正しい『整理収納』のやり方とはかけ離れていた事を知り、目からウロコが落ちる思いをし、益々この世界にのめり込んで行きました。

 

 そして知識を深めるうち、整理収納に秘められた人生を好転させる不思議な力の存在を知り、アドバイザーという仕事を通して、この不思議な力をもっと多くの人に知ってもらいたい!!と思うようになり一念発起。勤めていた会社を辞めて独立しました。

 

 前職では、建築系の商社に勤め、取引先ゼネコンの監督と打ち合わせをし、建築現場へ商材を納める仕事をしていました。戸数で言えば何千(いや、何万!?)戸という建築現場を巡って来た日々。正直イヤというほど建築現場を見て来ました(笑)。

 しかし今となっては、そういった経験もこの仕事に活かして行けるものだと思っております。 

ページトップへ戻る                              ホーム に戻る